ですね。note

思った事を書くノート。そんなブログ。

涙の反抗期

f:id:odanoura:20180819203827j:plain

僕は泣き虫だった。もちろん子供の頃の話だ。


子供はみんなそうだと思われるかもしれない。だが、そんじょそこらの子供レベルではないくらい、正にCRY。


そう泣いていた。


転んで、ぶつけて、なんて当たり前だ。歩いてるだけで、鼻をかんだだけで、他人が叱られてるのを見ただけで、喜怒哀楽のコントローラーがバカになっているのかと思うくらい泣きじゃくっていた。


見かねた母親は、何かある度に『男の子なんだから』と『こうあるべきだ』と呪文のように唱えていた。その魔法の効果が出たのは丁度小学3年生になってからだった。


遂に僕は泣かない子へと変貌した。


泣かなくなった僕は、同時に世の中を見下し始めた。と、今なら思う。当然、当時は意識できなかったと思うのだが。


日中、親は仕事で、家の中には自分しかいない日が続いていた。頼まれる親からの手伝いという名の仕事。宿題よりも難関なものだった。


とは言え所詮子供だ。遊びを優先してしまうことがある。いや、あって当然だ。だが、それを許してもらえるわけもなく、親からの愛と言う名を借りた怒りの説教を受けるわけだ。これでもかと。


悔しかった。腹が立った。二度と叱られたくない。そんな感情が原動力となり、どうしたら仕事と遊びをできるのか、つまり、要領よくこなすにはどうすればいいのか、そればかり考えていた。


そんなことを考えて生きている同年代の子などそうはいなかった。となれば、必然的に思考のレベルに差ができていた。少しかもだが、人よりできる子となっていたのだ。


というのが原因の1つと思われる。そう、世の中を見下し始めた原因だ。


そうして僕は、涙という人間のオプションを捨てた。それは同時に人として何かを失った時でもあった。


と言っても、小学時代は大きな問題はなかった。逆に冴えていた僕の脳みそは、職員室に呼び出され、こっそりIQテストの結果を教わるまでにきていた。今のは自慢だ。少しくらいいでしょうが。まだ子供が食べてるところでしょうが。


言っとくが誰もが皆、小学時代はIQが高いらしい。そこから落ちていくというのも普通らしい。え?誰だお前落ち過ぎだなとか言ったのは。


とにかくだ。中学になった僕はさらに本領を発揮していく。


僕には親戚が多い。となれば冠婚葬祭の行事も必然的に多くなる。そこで問題が起きたのは葬式だった。


恐らく親以外で一番僕を可愛がってくれていた叔父の葬儀だった。確か中学2年そんな時だったと思う。


目の前で普通に過ぎていく葬儀。正直なんの感情もなかった。あ~もう会えないのかくらいだった。


言い訳をすれば、葬儀だけでも数多くの経験をした。またかぐらいの頻度でだ。慣れてしまうのは必然なわけだ。


火葬後、骨上げ。各自箸で遺骨を拾いあげていたその時、無と化していた僕に母親が怒鳴った。


「あんた悲しくないのかい!」


可愛がってくれていた故人への思いがお前にはないのか?そんな意味を込めた怒りであろう。黙っていればいいものを中学生と言う肩書が僕を動かした。

 

 

「泣けば悲しいとかお前の感覚だろ!うぜぇんだよ!」

 

と言いそうになっていた。
(言ってないんかーーーい)


ただ、頭の中ではもっと罵声を浴びせていた。全ての怒りを僕の脳みそは受け、首を傾けて首の骨を鳴らすという行動を僕の体に指令した。今思っても、かったるいという感情を見事表していた。


しばらく母親からガン見されていたが、シカトを決め込んで骨上げをしていた。ちょいちょい首の骨を鳴らしながら。


この日を境に、僕はますます人を捨てていく。


と思われていた。思ってた。自分でも。キレッキレの僕はすぐさま天下上等とか口走りだすと思っていた。でもしなかった。いや、できなかった。正確にはちょっとだけした←


でも人間で居れた。


それは部活だった。今では珍しいかもしれないが全員加入が校則だった。そう帰宅部は許されない校則違反なわけだ。


必ず何かしらの部活に入部しなければならない。運動部がダメなら吹奏楽などの選択を迫られるわけだ。


これには理由があったようだ。校内暴力や不良という過去の経験から生み出した対策らしい。余り余ったエネルギーをスポーツに!音楽に!そんな考えだったようだ。


その対策のおかげで、僕は何とか人として過ごせていたのかもしれない。


中学最後の部活。運動部にいた僕は最後の試合後、まさかの涙が出た。あの抑え込んでいた涙がである。


涙の反抗期。ついに主である僕の意志に反し涙は流れ続けた。留まることをしない涙の反抗期。それはもはや、逆襲と呼んで良いほどの流れっぷりだった。


きっと僕の涙のダムは限界だったのかもしれない。約6年貯めこんだ涙はそう簡単には止まらない。キャプテンだったせいもきっとあったと思う。これも自慢だ。少しくらいいいでs(略


高校に入り、僕の精神が上回り、また涙を封じ込めようとする。限度ないと呼ばれる行為が、それこそ今流行りの半端ないと言われる行為がカッコイイと勘違いしていた僕だが、また部活という大雨で、僕の涙のダムは決壊していく。


僕は今一歩のとこで人に戻れる、そんな日々を送っていた。


何故急にお前の精神崩壊モドキの話を記事にするんだと、人でなしエピソードを教わらなきゃならないんだと、こう朝から目くその付いただらしのない顔面の君達は思っているだろう。あん?なんだやんのか?ごめんなさいだこの野郎!


というのも、実は今日ドラマを見て思い出したのだ。正確にはドラマの総集編てなやつだ。


今あれ?って思った人が居るのであれば、いつもご利用ありがとうございますとお伝えしたい。何言ってんだ?と思ってる方が居るのであれば、ようこそおいで下さいまして、これからもよろしくねと言いたいわけだが。


そうなんです。無事TVを買いました。ありがとうございます僕。そう自分に感謝。とか言ってもアレなので、興味がある方が居ればコチラをどうぞ。もちろん読まなくても支障はないはずですけど。

www.desunenote.com


とにかく、そのドラマの中で主人公がずっと泣いてなかったせいか、一度泣いたら涙がとまらないというシーンがあったわけだ。それで、なのだ。思い出しちゃったわけだ。


涙は一生で流れる量が決まっている。そんな話を聞いたことがある。それが本当かどうかはこの際どうでもいい。


ただ、今涙活と呼ばれる行為があるように、涙を流すというのはストレス解消にも良いと言われている。


人間何かを出すという行為はストレスにいいわけだ。涙しかり、愚痴というストレスしかり、もちろん性的な意味でもだ。わかるはずだ。言わせんじゃない。ちょっとだけよ←


とにかく、いざって時に涙が出ないとかは起きて欲しくない。そう思う。


今は何かある度に涙腺が崩壊している僕は、そのおかげで精神が安定していると思っている。ああそうだ、これでもだ。何か文句あんのかごめんなさいだ。


だからこそ思うのだが、いつかあの日のように、僕の意に反し涙が反抗して、今度は一切出なくなる日が来るのではと怯えている。


きっとそんな日は来ないはずなのだが、絶対とは言い切れないのも確かなわけだ。


涙は大切なモノ。そんな気がしている。


皆さんも涙の反抗期にはご注意を。


とはいえ、悲しい涙は流したくないものだ。


ですね。