ですね。note

思った事を書くノート。そんなブログ。

何があるか分からないもんです

f:id:odanoura:20190224001100j:plain


管理人シリーズにするべきかを小一時間悩みましたがやめました。というわけではなく、管理人シリーズの存在を忘れていただけで、あとからこの一行を付け足しています。嘘つきましたどうも管理人のSです。


さて、このブログはあと3か月弱で1年となるわけで、恐らく今の感じであれば、間違いなくやめずにいくんじゃないかな~と思ってるわけですけども。


去年の年末こんなブログでも振り返りと言いますか、総集編と言いますかやったわけでして。改めてこのブログが、自分のブログというものが検索というもので成り立っているのだなと分かったと言いますか、認識したわけです。


ただ、誤解して欲しくないのは、もちろん検索からだけではなく、直接閲覧して下さる方も居ての、ありきの、成立なわけです。いや、本当にそう思っております。必死で取り返そうとゴマすっております。すり過ぎてさらっさらです。サラッサラ。


とはいえ、読んで頂いてるかどうかはアレですけどもPV数としましては、圧倒的にえげつねーほどの方々が何かしら検索からエブリディはい、そうです毎日閲覧して頂いているわけなんです。来てるわけなんです。


ひとえに検索と言っても様々なモノがあるわけですけども、このブログは基本Googleさんを筆頭に、Yahoo!さん、あとやはり、今はPCよりスマホですので、docomoさんに、auさんというスマホ特有の検索サイトなどから閲覧する方が主流となっているわけです。もちろん、これ以外の検索サイトからも来て頂いております。


これは本当にありがたいことなわけです。しかも、以前にも増して今は検索検索でやって来て頂いているわけです。確実にもう言ったところで信じてもらえないくらい、モーストえげつねーくらいに来て頂いているわけです。感謝です。


ですがやはり、以前も書いていますが、僕は僕の記事を読みたいなと思われたいという思いが強いわけです。検索で探した記事の書いた人がたまたま僕だというのではなく。エゴの塊なわけですはい。


というのは、何度か書いてるのでシツコイなと、粘着サイコパス野郎と、思っているでしょうけども。あえて、おさらいしてから聞いて欲しいと言いますか、読んで欲しいわけですけども。


最近は検索以外からも来て頂けるわけなんです。所謂SNSです。TwitterとかFacebookとか。なんかこう紹介と言いますかして下さってる方が居るわけです。もちろん感謝です。僕自身がTwitterもFacebookもやってないわけですから、純粋にありがたいと思ってるわけです。


そんな中、今は落ち着いてますけど、ある時期に特定のまた別のSNS経由で一定の方々が来て下さってたわけです。それが他ブログサイトと言いますか、まっ隠すアレもないので言いますとAmebaブログです。はい。


で、基本このSNS経由ってリファラーでは特定できないんですよね。つまり、どこのだれが、どのように紹介ないし、貼って下さってるのかというのは、ほぼ確認できないんです。Twitterは可能性はまだあるかもですが、Facebookはもう無理です。Amebaに関しても無理なんですよね。


もしかしたら、僕がTwitterやFacebookを、そしてAmebaブログをやっていないので見つけられないだけなのかもしれませんが、それすらも確認しようがないのでアレなんですけど、とにかく、僕は特定できないわけです。正直言いますとそんなに真剣に探していないわけです。はい。


とは言え、少し気になってはいたんですが、できないものは無理なので半ば忘れかけていたのですが。はいそうです。ほんと偶然知ることできましてね。驚きました。


まっ当然閲覧したわけですが、要は僕の記事のおかげで良くなったよ的な内容でして、そこにリンクを貼ってくれてたわけです。本当に有難う御座いますなわけですが、実はそこに僕的には予想していなかった言葉が書いてありましてね。


というのも、『ありがとう』って書いてたわけです。この記事のおかげで良くなったよ~までなら予想できます。僕の予想ではその後、お困りの方はどうぞとか、興味がある人はコチラから的な紹介要素なら想像できるのですが、まさか『ありがとう』とシンプルに感謝の言葉が書かれてるとは驚きました。

 

感激です。感動ですよ。はい。


『ありがとう』ってさ!この記事のおかげでって僕の記事を貼ってさ!何なんだよ一体。どういうことだよAmebaブローガー!超絶嬉しいじゃねーかよ。


で、僕は思ったわけです。僕の書いたものが読みたいと思って欲しいとか言ってる自分しょっぱいわ~って。クソサブいわ~て。でもそれが僕だもの。いやみつを出て来たけど本当にそう思ったわけです。


一応こうやってネットという世界に公開している以上、見てもらいたいわけで。それが、どのようなルートであろうと、経過であろうと、読んでもらえるだけでも凄いことじゃないのと。僕のがどうのなんて後からでいいじゃないのと。そんな事考えちゃいましたね。わりとマジメに。


もちろん、僕の記事をと思って欲しいというのは未だあるのですが、そこに拘り過ぎてもダメだなと。誰かの為になる記事はほとんど書いてないですし、今後も書いていけないけど、誰かが読んでくれるという繋がりを、今よりもう少し大事にすると言うか、大切に思うというか、そんな風に思えるようになりたいなと。ならないとなと。そう思いました。はい。


本当はね、その方のブログを、ブログ記事をね、貼ればアレなんだけど。ね?こんなブログに貼られてもね。とか。結構ひよってます。本域で、真剣に。


まっお知り合いの方が居られましたら、僕の代わりに聞いてみてくださいね(笑)


とにかくそれなりに頑張るまではアレですけど、やっていきますんで宜しくどうぞと。


なんか夜中のテンションのせいか、ハズいので、懐かしい動画貼って終わります。意味わかんないけど。

 

youtu.be


夜中ってやっぱ危険よね


ですね。