ですね。note

思った事を書くノート。そんなブログ。

嫌な耳垂れ・外耳炎対処法

f:id:odanoura:20180822013151j:plain

止まらない耳垂れ(耳だれ)に、イライラしながら、どうしようもない毎日を送っている人達。

 

忙しくて耳鼻科に行けない。或いはそもそも耳鼻科に行きたくない。


そんな人達の気持ちが痛いほど良くわかる。


バファリンの半分と呼ばれている優しさの塊の僕が、この十数年凌いで来た方法を教えちゃおうじゃないか。誰だ今鋭利なものを投げようとしたのは。


とにかく、急ぐ人はコチラを⇒コチラ


余裕があるなら読んで欲しい。僕の生き様を。戦略を。

 

原因は耳掃除のやり過ぎ


約2007年某日。


僕がまだ耳垂れ調査兵団訓練生の時だった。有り余ったみなぎるパワーを使い、耳かきをしていた時だった。


いち早く一人前になりたい。そう純粋な思いを優先して色々試した結果、マキロンを付けて綿棒で耳掃除するとマジ気持ちいい良い訓練になるということで毎日していた時だった。


気持ちよくて擦りまくってた熱心に訓練に明け暮れていたある日、熱心過ぎてしまったのか、耳の中に少し傷がついてしまった。


やり過ぎたかな・・・そんな反省している僕をあざ笑うかのように、傷口から突然奴らが現れたんだ。そう、耳垂れの巨人達が。


ひどい臭いを放ちながら押し寄せてくる黄色い液体の耳垂れの巨人。そんな巨人達の前では人間の力など無に等しかった。


この瞬間から、僕のイヤーホールローゼ(耳の穴の中)はあえなく耳垂れの巨人達に支配された。ローゼってなんだとか聞くんじゃない。

 

被害状況


奴らは時間を選ばず襲い掛かってきた。酷い時は朝起きたら枕に耳垂れの巨人達の足跡が残っていたり、或いはイヤーホールローゼの外壁いっぱいに耳垂れの巨人のヨダレの塊がこびり付いていたりと、人類は悩まされ続けていた。


知らない人に分かりやすく言うならば、自分の意志など、お構いなしに耳垂れは流れだし、耳の中を嫌な臭いと共に支配してしまうということだ。


そして、耳の穴の周りに黄色い塊が付着するというあるあるが発生する。これを取ろうとするとまた、耳垂れが流れ出すという魔のスパイラルとなる、正に地獄なのだ。

 

とりあえず守ること


一度出現したら間違いなく簡単には止まらない耳垂れの巨人。抵抗は無駄なわけだ。


できることなら自分の耳を取り外し、これでもかと高圧洗浄してやりたいぐらいもどかし差MAXなわけだ。一般人では我慢できなくて当たり前だ。無理せず耳鼻科へGOするべきた。当然の行為だ。いや、一度は必ず行くべきだ。


耳鼻科に行ったとしてだ、その後、どう凌ぐかを君に伝えねばならない。

 

対処①


まず、問題は傷だ。そもそも傷さえ無ければ、ここまで悩まされずに済むわけだ。そこで、こいつの力で消毒&耳垂れの巨人のヨダレ(耳垂れの塊)を除去しようというわけだ。

 

f:id:odanoura:20180822013703j:plain

そう、オキシドール。これが正直最高に気持ちいい。普通にドラッグストアに売っているので、簡単に手に入るはずだ。

 

Sの使用方法


本当は点耳用の容器とかあれば良いのだが、僕はキャップでやっちゃってる。YOUもやっちゃいなよ。やっちゃえ日産。いや日産は関係ないのだが・・・。


キャップに少量注いで、患部の耳の穴に注ぎ込むわけだザバーーっと。


当然入れる時は頭を横に倒す。イメージはパーフェクトヒューマンの振り付けだ。アイアムパーフェクトヒューマンの箇所だ。ただ、あそこまでキレッキレでやる必要はない。何ならそのまま横向きで寝てしまえば良いわけだ。


気を付けて欲しいのは、キャップが耳につかないようにすることだ。それがポイントだ。汚染したものが付かないようにするというのが狙いなわけだ。あほ面してないで理解して欲しい。


耳浴時間は5~15分。耳の内部に傷があればシュワシュワと音が鳴る。それが消毒開始の合図だ。一緒に小型の耳垢の巨人も仕留めてくれるので意外と効果的な攻撃だ。個人的には好きな作業だ。


時間が経過したらティッシュにザバーと耳の中に入ったオキシドールを開放してやるわけだ。イメージは同じくパーフェクトヒューマンの振り付けだ。アイアm(略


ティッシュの上に耳垢の巨人達があると、やったった感が出て2倍気持ちいい。一瞬とは言え、幸福を得られるはずだ。

 

注意点


点耳の経験がある人はお分かりであろうが、急激に冷たい液体を耳に入れると、めまいなどを起こしてしまう危険がある。


そこでだ、オキシドールを容器ごと手で温めるイメージで、約2~3分握ってからの使用をオススメする。これは意外と大事なんで気をつけて欲しい。

 

対処②


当然消毒だけでは耳垂れを止めることはできない。それで済めば耳鼻科なんてこの世に要らないわけだ。


とにかく傷口を治さなきゃならない、色々試して僕はこれに辿り着いた。

 

f:id:odanoura:20180822013730j:plain

ベトネベートN軟膏。結構売ってるので手に入りやすいはずだ。そんな珍しくないと思う。


これを綿棒につけて塗布するわけだが、綿棒は通常じゃなくて絶対コレを使うことを強くおススメする。

 

f:id:odanoura:20180822013749j:plain

赤ちゃん用の綿棒


通常の綿棒で塗布しようとすると、無意識に無駄に擦ってしまうものだ。結局、傷口に負荷をかけ過ぎてしまい、治る傷も治らないってなことになるのは目に見えている。だからこそ、絶対赤ちゃん用綿棒ががおススメなのだ。


※綿棒で塗布する場合は、決して耳の奥まで入れないように。コレ重要です。


外耳炎になったらもう通常の綿棒は使用禁止で良いと思う。いやほんとにそう思う。


とりあえず、ここまでやってひとまず作戦完了ではあるのだが。

 

すぐ効果がでない


残念なことにこの一連の作業と呼べる処置をしても耳垂れは、ほぼ止まらない。運良く止まっても、それは辛うじてなレベルで、いつ垂れだしてもおかしくない状態なわけだ。


それを理解せず、そのまま上機嫌で寝て次の日の朝ショックをうけるとかあるあるネタなわけだ。寝ただけに。誰だ殺害予告しようとしたのは。

 

大事なことは継続


そう、この1回じゃ無理だが、これを2日風呂上りに行えば、3日目の朝にはあら不思議。となるはずだ。可能性大。経験者の僕が言うのだから嘘じゃない。ただ、そうじゃない場合が来ても責任は取らない。そこはよろしく頼む。


慣れてくれば理解してもらえると思うが、基本耳は触れない方が良い。かゆくなっても我慢だ。どんなに険しい顔になってしまっても我慢だ。基本我慢だ。


ただ、ここまで読んでくれた君には、とっておきを教えておこう。

 

必殺技的なヤツ


基本我慢と言えど、我慢すれば治るわけではない。あくまでも応急処置的なものだ。だが、傷から菌が関わる場合がある。


そうなると耳鼻科だが、耳鼻科でもらえる点耳薬も今は買えてしまう。個人輸入でネットになってしまうのだが。

 

f:id:odanoura:20180822013811j:plain

タリビッド耳科用液0.3%
※出典:医薬品の個人輸入 Familiy Pharmacy Global

購入先例はコチラ

www.triple-farm.com

※医薬品の個人輸入 Familiy Pharmacy Global


正直、僕は個人輸入に抵抗があって買ったことはない。初めて使用する人は耳鼻科で処方してもらった方が良いと思う。と真面目に言っておく。


仮に買うとなっても個人の責任でお願いします。当ブログは一切の責任を負いませんごめんね。

 

タリビッド耳科用液の使い方


こいつはオキシドールの後に5~10分点耳(耳浴)する使い方。何度も言うがきっと耳鼻科に行けば、ほぼもらえると思う。当然各専門医の方々の判断なので、もらえない場合もあるのだが、経験から言うとコレは効きます。


効くとは言え、中々数量を多く処方してもらえないものだ。そこで、オキシドールとベトネベートN軟膏で切り抜ける手段を僕は現在進行形で続けている。効果はある。

 

まとめ

結局、調子に乗って耳掃除をやり過ぎた為に、取り返しのつかない大惨事になったという情けない話。その代償は半端ないモノというのが事実だ。


だから、ここまで記してきたことは、あくまでも延命処置のようなもので、完治するかしないかは断言できない。


ただ、耳鼻科に行かないで済む可能性は大いにある。とはいえ、一度は耳鼻科に行くべきだと言いたい。


症状が重い場合、傷口が腫れて、聞こえなくなる場合もある。まずは専門医に見てもらい、後はどううまく付き合っていくかが大事だと、いつになく真面目に言っておく。


もう一度言う、必ず一度は耳鼻科に行くべきだ。その後のことは参考にして欲しい。

 

僕は耳鼻科に行った後、この方法で十数年維持している。


良くなることを願ってます。

 

それなりに。


ですね。