ですね。note

思った事を書くノート。そんなブログ。

思い出

懐かしいとかいう感情よりも、あっそう言えば。そんな損な話がこちらです。

いつもの風景

少し前、高校生と話をした。 彼は3年生。部活はサッカー。卒業後は就職希望。そんな簡単な自己紹介を経て僕らは話をした。 僕もサッカーをしていたこと。ポジションがどこなのかどこだったのか。今の僕が勤めている会社の良いところ。個人的にダメだと思う…

アオハルスイッチ

こう見えて僕はスポーツマンだった。見えてないけどとかはいらないから。 結構真剣に取り組む方だった。確かに高校生ともなれば、照れくささもあり、頑張るのが恥ずかしいみたいな風潮も一瞬あるのだけども。 逆に頑張らない方が恥ずかしいと思えるくらいア…

流れ星

何かこうキュンというか、ドキドキというか、実際はそこまでじゃないのだろうけど。けれど、言葉で表すとしたらそういう言葉が近いのかなと思う。そう思ってしまう何故か僕は。 『流れ星』って言葉を聞くと、見ると、僕は何かこうちょっとだけ少年のような感…

ブレイクタイム

近頃、ニュースで目についてしまうのはOB訪問。何それうまいの?くらい知らなかった。OBなんてゴルフ用語かと思ってた僕としては、イレギュラー的になんとも言えない時間外に訪問することかな?なんて思っちゃってたわけだ。 全く恥ずかしいわけで、それこそ…

夜にも奇妙な物語

藤岡・・・さんか。 普段歩かない住宅街を歩いていた。知らない道というわけではなく、車で通った事がたぶんあるというくらい。その程度の知っているというのも抵抗があるそんな道。 そんな道だからこそ歩くというのは新鮮だ。何気なく見かけていた家の住人…

夢プラン

夢って見ます?いや、目指すモノとかそういうのじゃなくて。眠ると見ちゃうっていうアレ。 僕は当然見たことがありますが、相対的に見ない方だと思ってます。ただ、実際は必ず見ているらしいのですが、とは言え僕は見ていない方だと思ってるわけです。要は起…

強さの偉大さ

強さとは何か。永遠のテーマのようなこの内容を僕は幾度と考えていた。 男であれば、誰もが強くと思うはずだ。個々だけではなく、チームでの勝敗に関してもそう思ったり願ったりするはずだ。強くなりたいと。 果たして強さとは勝つことだけなのだろうか。勝…

新しい卒業ソングってコレなんですね

まずね、正直卑怯だね。何かもう卑怯通り越しちゃって秘境だよ。どうすんのコレ。 いいな18歳。もどりてーな。誰がこんなこと言ってくれんの。こんな言葉に触れられるの。卑怯だよもうほんと、きっと過去の18歳は誰も足を踏み入れたことねーよ。正に秘境…

一日の終わりに

いつも思う。看板を見ると。 思い出してしまう。看板を見かけると。 その日僕は友人の家に来ていた。国道沿いのアパート。交通量は多いとは言い切れないけど、少ないとも決して言いきれない。そんな感じの場所。 大型のトラックが通る度に、テレビの音が若干…

一体感こそがソレ

チームワークで大事なのは、皆が皆同じ目標に向かっていること。かなとか思う。勝手に。 その思いと言う一体感が、一体感こそが極み。チームワークの極み。それが大事。かなと思う。勝手に。 9年前の2010年のこと。なんで覚えてるかって言うと、そのこ…

こころみる

小さい頃僕は良くうつ伏せで寝ていた。 念のため記すが小さい頃というのは、子供と呼べる頃のことであり、その中でも小学生低学年くらいまでを指している。決して、キノコを食べる前のマリオ感覚での話ではなく、ましてや僕のソレの状態がどうのこうのなアダ…

らしくないですが。

あるbarで、たまたま隣の方と。 他愛もない話からお酒の話に。僕は日本酒が好きだと告げました。 僕個人の統計から、福島県のお酒が好きだと続けました。 もちろん、他の都道府県のお酒も好きな銘柄はあるのですけど、好きな銘柄が多い県が福島になります…

先生の願い

先生。そう呼ばれていたことがある。そう僕がだ。 先生と言えば、一般的に浮かぶのは教師であろう。小・中・高。何なら大学もか。 次となると様々だが、医者もそう呼ばれている。後は、政治家も。弁護士なんかも言われていたような・・・。あっそうそうマン…

続々・紅葉と言えば

前回までのあらすじ 後輩の代車マーチで第1いろは坂へ差し掛かったその時。後ろから猛烈にハイビームで煽ってくる車が。 走り屋と思い道を譲るとそれはなんとカローラワゴン。怒りと化したRが猛烈に追尾し煽ったかと思うと、謎の行動をしだした。 目的は何…

続・紅葉と言えば

前回までのあらすじ 後輩に誘われ、いろは坂に着いた僕達。お披露目するはずの後輩の車は修理となり、代車のマーチでやって来た。そろそろ帰るその時、なんだかんだいって車好きのRは帰り運転すると言い出した。この選択が波乱を巻き起こすことになるとも知…

紅葉と言えば

少し前に・・・ 「いろは坂まだ少し早かったみたいです」 そうアホ面のような笑顔で会社の女性社員に言われた。言っとくが褒めている。 紅葉と言えばというほどではないが有名な場所だ。今はどうなのか分からないが、昔と呼べる頃は、違う意味でも有名な場所…

運動会の謎

今週のお題「運動会」 運動神経が悪いわけでもなく、足も遅いわけでもない。寧ろ逆なのだ。なのにだ。 あまり好きではなかった。 雨が降れば良いのにと、何度も天に祈りをささげたものだ。一度も僕の声は届かなかったようだが。 親と居るというのが嫌だった…

続々・あの日の真実を・・・

前回までのあらすじ 僕にはどうしても会いたい人が居た。それは小学時代の同級生。 待ち望んだ再会が実現。遂に聞きたかったことが聞ける。あの決闘のことを。 詳細はコチラwww.desunenote.com 今回はその続きであり。完結編となる。 『つか、ちょいちょい出…

続・あの日の真実を・・・

前回までのあらすじ 僕にはどうしても会いたい人が居た。会って聞かなければならいことがあった。 その相手は小学時代の同級生。ひょんなことでの再会のチャンスを得る。やっと会える。そして聞ける。 その思いに隠されたエピソードを前回途中まで書いた 詳…

気づけていますか?

昔、と表記していい前、僕は所謂『鬱』になった。 原因は仕事ではない。ただ、要因の1つではあったのは確かだった。 体調を崩した。会社を休み病院に行く。当たり前の事を当たり前にした。はずだった。 しかし、体調は変わらない。何なら悪化しているのでは…

あの日の真実を・・・

『どうしても会いたい人とか、死ぬまでに会いたい人というか、そんな人います?』 本当にそれを知りたかったのか、実際はわからないけど、唐突に聞かれた。少し酔っていたからかもしれないけども。 「居たな」 と、言葉少なめに返すと、『過去形ですか?』と…

雨と傘と君と僕

ある日の夕方の話。 夕方のはずだが、雨のせいか真っ暗だった。 生きていくには食料が必要。食べないといけないわけだ。というより単純に腹が減った。 というわけで、所謂スーパーへ。車のキーと財布を持ち外へ出る。当然雨。駐車場はすぐそこなので、傘は持…

涙の反抗期

僕は泣き虫だった。もちろん子供の頃の話だ。 子供はみんなそうだと思われるかもしれない。だが、そんじょそこらの子供レベルではないくらい、正にCRY。 そう泣いていた。 転んで、ぶつけて、なんて当たり前だ。歩いてるだけで、鼻をかんだだけで、他人が叱…

プライド

これどうぞとお菓子をもらった。会社で。 どうしたの?と聞いて欲しそうだったので、めんどくさいけど聞いてみた。 ちょっと出かけたんで。と濁してきた。深く知る気がないので、そうなんだと適当に答えていると 凄くロッジが素敵なとこで~と自分から教えて…

ことわざマジック

昔の人達のセンスと言える言葉がある。言葉達がある。ことわざがある。 でもそれは、現代と違う言い回しだからこそのモノで、実際は大した事を言っていないのではないのか。 昔の言葉というだけで、昔風の言い方なだけで、実はなんら価値などないのではない…

【重要】眼科→コンビニ【注意】

今週のお題「2018年上半期」 あっという間に2018年も折り返し地点突入。 そんな2018年上半期でトピックスと言えば2つある。 1つは当然まさかのブログ開設。まぁ~それは今度として、もう1つは体の不調が目立った感があった。その中でもやはりこの…

最後のKEY

今週のお題「修学旅行の思い出」 思い出を呼び覚ましたい。そんな意図なんだろうか。 修学旅行。基本的に3回ってとこですかね。小学、中学、高校。この3回。 そしてこうやってお題として出た場合、恐らく多いのは中学ではないかと思う。いや調べてもないけ…

夢は叶わぬモノ。それが僕のスタンダード。

中学2年から、僕の中には存在している。 夢は叶わぬモノ。 夢はいつか叶う。強く思えば叶う。努力すれば必ず叶う。 そんな言葉をスタンダードにしている方には申しわけないが、僕はそうは思わない。 何か衝撃的なことがあったわけではない。僕の中の少ない…

僕の流儀

今から5年前だろうか。いや、もっと前かもしれないのだが。 羽田発函館行のJALの便に僕は乗っていた。 本来北海道へとなれば新千歳行に乗るのだが、この日に限り函館に用事ができたのだ。 そんな日に限ってと嫌でも言いたくなるのだが、離陸予定時間は過ぎ…

思い出<お気に入り

最近妙に小学生の時を思い出す。 確実にブログのお題のせいではあるけども、とは言え何故に小学生の時なのかというのが残る。 確かに今、仕事の関係上、地元を遠く離れ、関東の片田舎という場所に居る。 片田舎というと、この場所が地元な方々には申し訳ない…