ですね。note

思った事を書くノート。そんなブログ。

思考

僕なりにわりと真面目に思い考え絞り出したちょっと変なものがこちらです。

雨の中

多い季節になってきた。望んでいないことを聞かされる季節が。ちょっぴり傷つく季節が。 あーなんで僕は… 色んな理由を考えてきたし、話してきた。何故雨が好きなのか。雨を好きなのかを。 そのどれもを理解して欲しいとは思わないけど、そういう人がいたっ…

そんな日のことPART3

単なる日記。勝手にシリーズ化しちゃって第3弾目とか。総じて言えるのは本当につまらないのにそれなりに読んで頂けるという申し訳ないを飛び越えて不思議しかない。でもありがたいです。 気になったらPART1もPART2もよろしく。「そんな日のこと」で検索すれ…

管理人の…PART29

本当の本当に久しぶりだなとか自分のブログで思う僕は懐かしむ傾向にあるようだとか分析するわけがないでお馴染みのどうも僕です。Sです。 何やかんや色々というか様々というかありましたので、落ち着くためにもこの管理人シリーズで振り返るように冷静にお…

そうなったとき

忙しいって何? 暇がないとか?落ち着かないとか?まぁ多忙なんだろうけど。けれど、何か違う。 時間はあるんだよな。その時間に何もしたくないって思っちゃうんだよな。 それが疲れってことなんだろうけど。 僕は忙しいのかな? 忙しいのかな? 朝起きて、…

届かない言葉

全部あの日に置いておきたかったのかな?きっとあの日の僕も分からないんだろうな。 ちょっと親に頼んだんだ。中学の卒アル送ってってさ。何となく中学時代の話をする機会があってさ、なんか盛り上がっちゃって見たくなったんだよね。あの時の僕を。 どれか…

証明

ことごとく上手くいかない。上手くいかないだけでできているならいいのだけど、そういうわけでもない。辛うじてなんてレベルじゃない。ほぼできていない。やれていない。クソなんだよ。 だからって何もしないわけにもいかない。僕しかいないんだから。最後の…

影と響

もし全てをリセットしたくなるほど辛くなったら、私と一緒にリラックスしよう。そう言いたい。今は大丈夫じゃなくてもいい。絶対にいつか大丈夫になるから。それを私は教えてもらったから。良い影響を受けた。今回で改めてそう思えた。 " data-en-clipboard=…

それがいいや

今日も眠い。 そんなこと伝えたところでなんだけどね。 言わないと伝わらない。それも分かるんだけどね。 そうしなきゃいけないこととは、思えないんだよね。 分かってはいるんだけどね。 なーんも考えたくないな 撮影場所:薄明の部屋 自分でも気づいちゃっ…

そんな日のことPART2

単なる日記。以前更新してみたら、不思議とつまらないながらに反響はあったみたい。だからそれに甘えてまた更新してみようと思う。去年の出来事もあるけど、そこはご愛嬌ということで。 ちなみに以前 www.desunenote.com 気になったら読んでみてね。驚くほど…

2024年初【寝る前】part6

明けてますよね。色々なことがありましたがあえて言わせて頂きます。おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。 確かに年末特に起きなかったなって、事件事故がなかったなって、ホッとしていたのに。 どうしても、遅れてもどうしても、起こしたかっ…

対談雑談PART13感想&アフター

撮影場所:ある冬の日 ちょっと急ごうと思ってさ。 僕だって時には真面目に話す時もあるんですよお前さん。 はい。skyちゃんにゲストに来て頂いた対談雑談PART13のアフターと感想となります。今回はもしかしたら濃い内容かもしれません。いや、そうだと思い…

てたりする

生きて居れば、生きてさえいれば、そんな後悔(こと)を思うことが来ないように僕は僕なりに歩いている。人生という道を。正に未知だけど。 それっておかしいことですか? 生きている以上色んなことが起こり過ぎていく。僕にもあなたにも。 どれだけそれを覚え…

慰めるよ

今日の天気は雨。嫌いじゃない雨の日。そう思える転機があったんだろうけど思い出せない。いや、思い出したくないのかな?どうなんですか僕の脳みそさん。 幾度とこのブログの中で雨の日が好きだと書いてはきた。1つは家の中に居るしかないということ。普段…

寝る前…part4

1日の終わりである寝る前にあなたはどんなことを考えてますか? そんな素敵な問いに答えているような内容じゃないですが、ほそぼそと続けていました寝る前シリーズ。ブログでは4回目ですが、実際はもう17回目ですかね。今日はその中からまた抜粋していきた…

幸せの前と後ろ

世の中はゴールデンウィークと呼ばれる連休中。もれなく僕も休みだけど、そうじゃない人もいる。それが友人だったりする。 呑みましょう、会いましょう、それぞれ理由があろうがなかろうが誘ってくれる人がいて、それに対して僕も日程調整をする。まるで仕事…

僕を想い思う

むしゃくしゃした日だった。そう過去形。 こうやって振り返っている今はわりと穏やかなのに、今日という日はむしゃくしゃしていた。 ちょっとしたことでイラつき、全ての行動で大きな音を意図的に立てようとしている自分に気づいてため息が出た。そのため息…

寝る前…part2

様々なタイミングが重なった時、そこに奇跡という現象が起きる。同じようにタイミングが重なった時、偶然と呼べる現象が起きる。 奇跡と偶然 奇数と偶数のように何か1つ違えばどちらかになり得るそんな現象。その現象も人それぞれの捉え方でも変化してしま…

やれやれ2023

本当は一度ボツにした。だってほぼ同じような事を前に書いていたことに気づいたから。 ほぼ同じこと あれ?って思って調べたら、途中までほぼ同じようなこと書いてた。書いてやがった。僕は何にも進化してないのかもしれない。本当にやれやれだよ。寝よーと…

新年最初はこうなりました。

明けてますし知ってますけど、おめでとうございます。今年もどうぞよろしく優しくしてあげて下さい。 はい さて、今年と呼べちゃう2023年最初の記事は、残念?ながらラジオの補足記事となります。聴いても聴かなくてもいいようにできるだけします。しますが…

あの日の声後記とか

8月某日でした。 いまいち思い出せないでいるのだけど、車を走らせていたわけです深夜と呼べる時間に。 その深夜という時間帯がシンクロして思い出したのか、とある出来事を語りだしたわけです。話の中でブログを書きたい気持ちを語っているのだけど、確か…

個々最近

忙しい。 という認識はない。この時期はいつもこうだからという経験則での話でもない。本当に忙しいという雰囲気ではないからだ。ただ、やりたいことが増えたんだ。主に人との触れ合いというジャンルが。俗に言うというかまんまだけど、コミュニケーションて…

管理人の…PART26

寒くなると寒い地方に出張になるんですが、季節を堪能し過ぎてるって思ってやり過ごしています。どうも僕です。Sです。過ごすのSです(違います さて、最近更新頻度がとお思いの方も居られるようですが、この時期いつもこうなんじゃね?と開き直っているわ…

人もいる

嘘をついた。何気なく、悪びれることなく、何一つ躊躇(ちゅうちょ)することなく。 良い嘘と悪い嘘がある。そんな都合の良い解釈が世の中にはある。それを否定したいわけじゃないけど、嘘をつかないで済むならそれが最良な気がする。するだけ。僕だけ? 約束…

アレやコレや

別に遊んでいたわけではない。 お酒呑んだり、寝たり、映画観たり、寝たり、お酒呑んだりしていたんだ。当然仕事もしてたし、友人とも会ったし、知らない人とも会ったし、知らない人が友人にもなったし(LINEでの話)、知らない人と知らないうちに付き合ってる…

ソイツと僕

最近ずーと考えている。考えてしまっている。どうしたもんかね?知らねーよでしょうけど。 何とかしないといけないことは分かっているんだけど、予想より時間がかかってるみたい。どうしたら処理できるのかを検討していた。僕なりに考えてこうしようとした。…

S育 第3弾

ふとしたことから考えてしまいます。それが重なって僕は僕になっていく。 第3弾ということは、そうです第2弾も1弾もあるわけです。 あるわけです 第1弾 www.desunenote.com 第2弾 www.desunenote.com この流れからすると、この第3弾は邦画のジャンルに絞るの…

ただただ PART3

ただただ…ひたすらに… 高速道路。ワープしているかのように景色が流れていく。 月に何度かは高速を走っている。もちろん出張先でというのもあるけれど、プライベートでも使用したりしている。 ただただ… 田舎に行けば行くほど、空の色が変われば変わるほど、…

往なす

今日もこれで終わる。そうやって何年も過ごしてきた。何年も始まってきた。 終わりがあるから始まりがあるのか、始まりがあるから終わりがあるのか。 正直それがどうだって構わない。僕が生きていくことに変わりはないのだから。変わるわけがないのだから。 …

愚痴りごと

今から何書こうかな、どうやってこの感じ伝えようかな。 少し長くかかるかもな、でもね、頑張ってみるよ。 神様もきっとびっくり、仕事ってお前みたいにやってない 今世紀最大の突然変異ってくらいにお前は心が貧しい 悩みはつきないね 仕事は覚えていくもの…

シン・日記

僕は最後まで、最後までそれを… 朝からおかしかった。おかしい、いつもと違う、そう感じていた。いたのに、僕は。 何故だろう 何故か水を飲もうと思った。家を出る前に水を。脱水症状への予防処置ではない気がする。今でもそう思う。つまり、何のためにかは…